賃貸物件を借りる時の初期費用には意味がある!?正しく理解しよう

敷金は多いほど後が楽になる

敷金を何ヶ月分納めるかは、大家側の指定により決まることが多いですが、実際には交渉が可能な部分です。しかし、敷金を多く納めていれば退去時の清算が楽になるので、あまり気にする必要は本来ありません。敷金を2ヶ月納めているにも関わらず、更に清掃費を定額で求めて来る不動産屋には注意が必要です。大家側では預かり知らない間に勝手に追加されている条項だったりすることも多い現状があります。敷金は2ヶ月程度を目安に納めておくと良いでしょう。

礼金有りの物件はリスクが少ない

賃貸物件を借りる時に支払う礼金は、大家の取り分という意味合いが多いですが、中には不動産屋が懐に入れているケースもあるので、大家との間で直接連絡をして確認することが望ましいです。礼金が例え0.5ヶ月分でも存在する物件については、競売に掛けられて強制的に退去させられるリスクが少なくなるので、入居者にとってもデメリットばかりではありません。金融機関からの借金で抵当権が設定されている賃貸物件では原則として礼金を取れないからです。礼金が設定されている物件では、無借金経営がされているので安全性が高い物件といえます。

仲介手数料は家賃の半月分が法律上の決まり

賃貸契約を行う際に不動産屋を仲介とする場合には、仲介手数料が家賃の最大0.5ヶ月分入居者は払う必要があります。家賃の1ヶ月分と勘違いしている人も多いのですが、法律上の規定では0.5ヶ月分が上限とされていることを頭に入れておきましょう。貸主から受け取る0.5ヶ月分の仲介手数料を借主と不動産屋の間で契約書上で特約として、付け替えることを了承した場合のみ1ヶ月分の仲介手数料を受け取れます。この説明がされていない宅地建物取引士との契約は避けましょう。

菊水の賃貸をスムーズに探したい場合、物件の掲載数が豊富なサイトを活用することで、よりスムーズに物件探しができます。