念願のマイホーム、何から始めれば良いの?

家を建てるには、まずは土地探しから

家を建てることが決まったら、まず始めに行わなければいけないのが土地探しです。どこに住みたいか、というのが最も重要だとは思いますが、子どもがいれば学校までの距離や病院が近くにあるか、夜に街灯が点くか等様々な周囲の環境を総合的に見て決める必要があります。また、位置的なこともそうですが、上下水道やガスといった公共整備も整っている土地だと工事の際の費用も少しは抑えることもできますね。土地探しは想像以上に時間がかかるものですから、良い土地があったら早めに目星をつけておくと良いでしょう。

住宅の間取りや設計はどうする?

住宅の間取りを自由に決めることができるのが、注文住宅の醍醐味ですね。しかしこれはとても大変なことです。おそらく一番時間がかかる部分ではないでしょうか。間取りが決まったらキッチンや浴室といった水回りの細かい仕様を決めたり、屋根や外壁、内装等本当に決めることがたくさんあります。なかなか決まらない場合は改めて住宅展示場等を見学にいくのも良いかもしれません。ましてや仕事をしながらとなると、休日は住宅のことをやらなければいけないのでなかなか大変でしょう。

無理のない資金計画を!

そして何よりも資金計画をしっかり立てなければ、せっかく憧れのマイホームを手に入れても生活が苦しい…なんてことになりかねません。住宅会社には専門で資金計画をお手伝いしてくれる方もいるので、そういった専門家の話をきちんと聞いたほうが良いでしょう。住宅を持ったときにかかってくるお金は住宅ローンだけではありません。固定資産税や月々の光熱費、メンテナンス費用等も頭にいれて資金計画をたてることが重要です。建売住宅に比べて決めることも多く大変ですが、注文住宅では自分達の納得のいく住宅ができるはずです。一生住む家ですから、手間を惜しまず、家族全員が笑顔になれる家ができると良いですね。

足立区の注文住宅は、利用価値の高い物件として知られ、デザインや構造が優れていることが人気の秘訣といえます。